学校の教育で大事なこと

学校での学習とは

遅刻

学校の質と勉強の好き嫌い

学校に進学させるときに不安なのは児童、生徒が適切に学習できるかということです。しかし、これに関係している因子は本人の問題だけではありません。環境、つまり講師の質が影響しているのです。学校には様々な先生がいます。ベテランから若い人まで多くいますが、その誰もが発達段階を理解している訳ではありませんし、学習の個別性を重視した教育をできるわけではありません。多種多様な考え方を理解するには幼児期の児童では難しいといえますし、あまり簡単すぎる事に時間をかけすぎると思春期などでは反抗的になるなど、問題となりえます。講師の質は選ぶことは難しいことですが、質を変える試みはできるかもしれません。相手のスタイルを理解して接することを意識していきましょう。

先生以外の講師を迎えましょう

学校では先生が教えるのは当たり前ですが、新しい風を入れるために外から講師を迎えるのも大切です。専門分野をもったプロの人もいいですし、近隣の地域のお年寄りや、特殊技能をもった方にお願いするのもいいでしょう。閉鎖的と指摘されることもありますので、開かれた学校だとアピールするためにもいいことです。主要5教科の勉強以外にも、子供に教えたほうがいいことはたくさんあります。地域の伝統芸能を保存することに授業時間を活用するのもいいでしょう。子どもたちが初めて知って興味を持ってくれることが、伝統を残すためには必要です。

↑PAGE TOP