医学部予備校の必要性

医学部予備校で学ぶ

遅刻

医学部予備校で学ぶこと

医学部だけは医学部予備校で学ぶ必要があります。医学部受験は、最難関と言われることがあります。東大にはいるのと同様、あるいはそれ以上と言われる由縁はどういうことかというと、国立医学部の場合、定員はわずか100名未満が多いです。そこにはいっていくためにはセンター試験で9割とるのが常識と呼ばれているからです。さらに二次試験も難易度が高いので、医学部予備校にはいって医学部に特化した勉強をする必要があります。どんなに自分は頭がいいから一般の塾でいいといってもそれは違います。予備校選びは実はとても大きいのです。

↑PAGE TOP