昔と現在の学校の校則

学校での決まり事

遅刻

学校の校則より大切な事

学校には必ず校則が存在しますが、昔と比べると緩くなったかもしれません。昔はスカートの長さが決まっていたり、スニーカーやソックスは必ず白色など事細かに決まっていましたが、お洒落な制服が増えた事もありこの様な決まり事は無くなりつつあります。集団で学校生活を行う上で最低限人として守らなければならない校則は必要ですが、事細かに決めすぎると反発が出たり、不登校、個性が伸ばせないなどのマイナス面が目立ってきます。先生や友達との会話やコミュニケーションの中で、自分で考え、学び、体験する事こそが大切ではないでしょうか。

校則には非常に差があります

子供が通う学校には国立、公立、私立、小、中、高、大学と様々ですが、それぞれに校則も違いがあり、厳しいところもあればほとんど何も言われない、諸外国並みに自由なところもあります。我が国において義務教育といわれている小、中までは、それほど守らなくても口頭で注意を受ける程度で済む場合も多いようですが、やはり義務教育ではない高校以上ともなると、校則違反は退学や停学処分を受けることにもなりかねないので、学校を選ぶ際にはそういったこともしっかりと考えて志望校を決めるようにしましょう。制服や髪型、持ち物など非常に細かいところもあるので、在学中それを守れるか否かは重要視するべきポイントです。

↑PAGE TOP